業界別のランディングページや広告のコンバージョン率(CVR)の平均はどれぐらい?

マーケティング

ランディングページ(LP)や広告を作成して、いざ運用開始したはいいものの、コンバージョン率(CVR)をどれぐらい目指せばいいか分からない。まずは、同じ業界のCVRを目安に運用してみましょう。運用したものの、実際には他社と比べるとコンバージョンに全然繋がってないということもあるかも。

業界別、LPのコンバージョン率

Unbounce社のレポートによると、コンバージョン率は中央値が3.2%、平均値が9.7%になる。
平均はCVRが良い企業に引っ張られているみたいなので、まずは中央値を目安にLPの改善を進めた方が良いだろう。

業界別のコンバージョン率は以下の通りである。

業界別、LPのコンバージョン率
引用:https://unbounce.com/conversion-benchmark-report/#about_this_report
業界中央値コンバージョン率平均コンバージョン率
SaaS2.9%9.1%
eコマース3.5%10.8%
代理店1.7%7.8%
ビジネスサービス2.6%7.5%
ケータリング&レストラン6.1%15.6%
教育4.5%12.3%
イベント&レジャー4.2%12.4%
家族サポート2.3%7.1%
ファイナンス&保険3.8%11.6%
フィットネス&栄養4.2&12.0%
家の修繕2.6%6.1%
法律4.4%11.8%
開業医2.4%6.0%
不動産2.2%6.2%
旅行3.4%10.3%
業界別、LPのコンバージョン率
引用:https://unbounce.com/conversion-benchmark-report/#about_this_report

LPの場合、自らで商品・サービスを探すので、下で紹介する広告より、コンバージョン率が高くなる傾向がある。
ただLPのみの場合、高いコンバージョン率を維持しても、SEO対策しないと流入数がなかなか伸びずに、コンバージョン数が小さくなる可能性もある。
SEO対策はかなりの時間と労力が必要ようになるため、費用対効果を考慮するのも大切になってくるだろう。
そのため、時間は取れないがお金の予算がある場合、Google Adsのような広告を使い、流入を増やすのも一つのであろう。

業界別、グーグル広告(Google Ads)のコンバージョン率

Google Adsには、「検索された用語から広告を出す検索広告」と「ブログ等に表示されるGDN」の2つの広告が存在する。
WordStream社のレポートによると、コンバージョン率の平均は検索広告が4.4%、GDNが0.57% になる。
中央値のデータは出ていないが、平均値はLPの方が高くなる傾向があるみたいである。

分野平均コンバージョン率
(Google Ads 検索広告)
平均コンバージョン率
(Google Ads GDN)
アパレル2.77%0.58%
アート&エンターテインメント4.51%0.75%
ビジネス&インダストリアル3.71%0.29%
コンピュータ&エレクトロニクス3.16%0.50%
ダイニング&ナイトライフ4.74%0.56%
ファイナンス4.17%0.80%
健康4.63%0.75%
趣味&レジャー3.39%1.12%
ホーム&ガーデン4.26%0.35%
仕事&教育4.15%0.38%
法&政府7.45%0.46%
不動産3.40%0.36%
小売店&雑貨店4.23%0.53%
スポーツ&フィットネス3.83%0.80%
旅行&観光3.95%0.39%
車両7.98%0.51%
業界別、Google Adsのコンバージョン率
引用:https://www.wordstream.com/blog/ws/2019/08/19/conversion-rate-benchmarks

まとめ

コンバージョン率は、LP > 検索広告 > GDNの順番で高くなるようである。検索されるという行為は、ユーザーが何かを求めているということなので、当然と言えば当然の結果である。

この結果から自社でネット集客を始める場合*1、まず最初に行うことはLPを作成することであろう。
LPを作成して十分な流入数が見られない場合は、次の手としてSEO対策もしくは検索広告を使うことを検討すべきである。
Google Adsを使用しても十分な流入が見られない場合、検索キーワードの再検討や商品・サービスのユーザーニーズがない可能性が考えられる。

一方で流入数があるものの、コンバージョン率が伸びない場合は、コンバージョンまで遷移過程の見直しやコンバージョンの簡易化などの施策を実施する必要があるだろう。

*1 自社に拘らずネット集客を始める場合、食べログやGoogle Mapsのような紹介サービスをまずは利用することをお勧めする。こういったサイトはSEO対策が不要であり、無料でユーザーの流入が見込めるからである。ネット上での潜在的なニーズを調べることにも役立つだろう。

参考URL
https://unbounce.com/conversion-benchmark-report/#about_this_report
https://www.wordstream.com/blog/ws/2019/08/19/conversion-rate-benchmarks